選べる指導形態
進路学習カウンセリング

目的別に選べる最適授業

同じ高校のライバルがいる、だから、お互いに更に高め合える
高1のスタートで身につける「高校での学び方」
 
公立中学校と違い、高校では、入試によってある程度同じ学力レベルの生徒が集まっていることを前提として、授業が進められます。
これは、一見合理的に見えますが、高校1年生のスタート時点で予想以上のつまずきが発生しやすい原因でもあります。
高校での学習内容は、中学に比べて細分化、専門化されています。また、予習を前提に授業が実施される科目もあり、「理解できるだろう」「わかっているだろう」という判断で授業が進められます。
更に、明確に差が出るように定期試験の出題内容の難度も高く、得点も厳しい数値が出ることが多く、中学時代の成績に比べて自信を喪失するケースも少なくありません。
こうした多くの高校1年生が突き当たる壁を効率よく乗り越えるために用意されたのが、「高校別classスクール」なのです。
東京・京都・東京工業・一橋などの最難関国公立大学、国公立大学医学部医学科、早稲田・慶應義塾の最難関私立大学を志望する生徒の受験対策講座です。
Z会のノウハウを活かした添削指導により、最難関国公立大学の二次試験に必要な「論理的に考え、的確に表現できる力=答案作成力」を養成します。
旧帝国大学(北海道・東北・名古屋・大阪・九州)・筑波・千葉・横浜国立・お茶の水女子などの難関国公立大学を志望する生徒の受験対策講座です。
受験参考書も多数執筆し、毎年数え切れないほどの受験生を難関大学合格に導いている、駿台・河合塾・東進などの予備校で常にトップを走り続けてきた実力講師陣の授業です。
全国の国公立大学や、早稲田・慶應義塾・上智・東京理科・GMARCHをはじめとした最難関~有名私立大学を志望する生徒の受験対策講座です。
1回の授業構成は「講義(インプット)」と「定着講義(アウトプット」。各ユニットに設けている「ユニット定着テスト」と合わせて合格に必要なエッセンスを習得します。
高校の定期テスト対策を目的とした、1回20分単位の授業です。自分の苦手な分野をピンポイントで受講もできます。練習問題とその解説授業で、教科書範囲の内容がしっかり定着。学校の予習に活用すると、学校の授業がよくわかるようになり、定期テストで高得点を狙えます。
お問い合わせ
市進教育グループ 茨進
〒300-0033 茨城県土浦市川口1-10-5
教育本部センター
■フリーダイヤル  イ バ シ ン    サ イ コ ー
0120-184-315
TEL.029-869-8000
FAX.029-869-8008

──────────────────────
──────────────────────