本文へ移動

1/25 Kirara3号機が地球に帰還しました

「Kirara」3号機を搭載したSpX-24は、1月24日に国際宇宙ステーション(ISS)を離脱し、
1月25日06時05分(日本時間)に無事米国フロリダ沖へ着水、帰還しました。

1/22 Kirara3号機がまもなく地球に帰還します

「Kirara」3号機が欧州実験棟から取り外され、まもなく地球に帰還します!

昨年12月22日に国際宇宙ステーション(ISS)内の欧州宇宙機関実験棟「コロンバス」に設置された
「Kirara」3号機の取り外し作業が1月19日23時25分(日本時間)に無事完了しました。
今後、SpX-24に搭載され、地球に帰還予定です。

SpX-24のISSからの離脱の様子は以下の【NASA Live】で1月23日(日) 00:15~ 配信予定です。
なお、天候などの影響により、延期や離脱時間が前後する場合があります。


【NASA Live】
https://www.nasa.gov/nasalive



◇ SpX-24のISSからの離脱予定
 日本時間:2022年1月2
3日(日) 00:40
 現地時間(米国東部標準時):2022年1月22日(水) 10:40
 

12/22 本日ISSにドッキング予定

昨日(12/21、日本時間:19:07 pm)ケネディスペースセンターから打ち上げられた
ファルコン9ロケットSpX-24は、現在、ISSへの到着に向け順調に軌道に乗っており、
本日ISSへドッキング予定です。

ランデブーとISSへのドッキングの様子は以下のURLよりご覧いただくことが可能です。

【NASA Live】
https://www.nasa.gov/nasalive



◇ SpX-24のISSへのドッキング予定
 日本時間:2021年12月22日(水) 18:30
 現地時間(米国東部標準時):2021年12月22日(水) 4:30
 

12/21 ロケット打ち上げ予定!

◇現在の打上げ予定
 日本時間:2021年12月21日(火)19:06
 現地時間(米国東部標準時):2021年12月21日(火) 5:06
 Space-X社製ファルコン9ロケット(SpaceX-24)にて打ち上げ予定


ファルコン9ロケットの写真は以下のサイトでご覧いただけます。
https://www.nasa.gov/press-release/nasa-invites-media-to-spacex-s-24th-cargo-launch-to-space-station
https://blogs.nasa.gov/spacex/tag/crs-24/


◇ライブ視聴
当日の打ち上げの様子は【NASA Live】のサイトからご視聴いただけます。
https://www.nasa.gov/nasalive

なお、打上げ日時が変更の場合には、配信内容も変更となります。
(天候の影響などにより、打上げ直前に延期が判断される場合もございます。)

知っているとNASA Live視聴が更に楽しくなる豆知識

【豆知識‐1】
ロケットの打ち上げは、多少天気が悪くても、燃料をフル充填して打上直前(7~8分くらい前)まで
天候回復を待つため、直前でスクラブ(scrub:延期)があります。
英語を聞いてないと打上げ時刻になっても「何も起こらない、あれっ?」という懸念があります。
その場合「Today's launch is scrubbed due to weather」というような決まり文句がありますので、
そのような場合は、ぜひ注意深く聞いてみてください。

【豆知識‐2】
打上げ場所は、米国フロリダ州にあるケネディスペースセンター(通称KSC)にある第39発射台(Launch Pad 39A)です。
元々はスペースシャトル用の発射台で82回打ち上げられています。
今はスペースX専用です。
Googleマップで発射台を見る(別ウィンドウが開きます)

【豆知識‐3】
スペースXのファルコン9ロケットは、切り離した1段目ロケットが地上に垂直に戻ってきます。
技術的にはそちらの方もすごいです!ぜひご覧ください。


これらの豆知識を知った上で、Kiraraの打上げを見たら、感動が倍増するかもしれません。


11/7 宇宙実験教育イベントレポート

茨進 有人宇宙システム株式会社(JAMSS)共同イベントを開催しました! 
子供たちの実験を宇宙へ -茨進と JAMSS で新たな宇宙実験教育に挑戦- 

 11月7日(日)有人宇宙システム株式会社(JAMSS)と共同でイベントが開催されました。学習塾として日本で初めて、国際宇宙ステーション(ISS)を利用した宇宙実験教育を実施しました。茨進が主催する教育イベントに参加した子供たちに、実際に宇宙に打ち上げるサンプルの準備を行うことで、宇宙をより身近に感じてもらうとともに、参加した子供たちの中から、将来の科学実験や宇宙実験を担う人材がうまれてくることを期待しています。
【会場理科実験講座参加者|つくば学園の森校】生徒、JAMSS関係者を中心に27名ほどの参加がありました。
【オンライン参加者】生徒・保護者を中心に100名ほどの参加がありました。

 当日の講座では、結晶化をテーマとした理科実験が行われました。16名(小1~小4)の参加者は、Gakken「自由研究」おたすけキットで尿素の結晶を作りました。参加者の皆さんは、楽しんで実験に参加していました。

【学研出版サイト】
 自由研究おたすけキット
「結晶を作ろう」

 イベント後半は、国際宇宙ステーションの実験棟での実験に使用するための試料を理科実験講座で準備しました。キャピラリー(毛細管)にタンパク質試料を充填しました。とても細かい作業でしたが、集中して実験に参加していました。
 講義と実演の合計180分のイベントでした。講義に参加した小学4年生の生徒さんは、この講座で用意した実験試料が、宇宙で実験に使われるのが楽しみと語ってくれました。打ち上げは2021年12月21日に予定されています。
【講義・実演内容】テーマ|結晶・宇宙
・【尿素の結晶を作ろう】結晶のでき方を学ぼう|結晶を作ってみよう
・【宇宙について知ろう】タンパク質について知ろう
・【宇宙でのタンパク質結晶化実験】実験方法を学ぼう|実験試料を作ろう

市進教育グループ茨進は、今後も様々なテーマで学びの機会を提供する事にチャレンジして参ります。
TOPへ戻る