本文へ移動

合格体験記|2020国私立名門中

早稲田中学校
渋谷教育学園幕張中学校
市川中学校(特待)
江戸川学園取手中学校(特待)
常総学院中学校(特待) 合格!
 
 ぼくは、ゼミでいろいろな問題を解くことで以前よりも学力を上げることができました。また、それだけでなく、さらに上を目指して努力できるようになりました。最初は、難関校の過去問ではあまり点数が取れず、合格最低点を大きく下回ることもありましたが、最後は大きな差ではなくなっていました。努力は点数に結びつくことが分かりました。
渋谷教育学園幕張中学校
江戸川学園取手中学校(特待B)
並木中等教育学校 合格!
 
 夏季感動合宿では、普段会わないメンバーと競い合うので緊張感を持って勉強できました。合宿の最後に行う基礎学力コンテストで思ったように点数がとれず、ミスをたくさんしてしまったことから集中力の大切さを学ぶことができました。そこから受験生としての自覚が芽生えたと思います。また、9月から始まる合格突破ゼミでは、普段と違う先生に教わることで違った解き方を学ぶことができました。私立中の過去問と公立中高一貫の勉強を両立させるのは大変でしたが、先生や両親の進め方についてのアドバイスや励ましでこなせたと思います。
渋谷教育学園幕張中学校
市川中学校
江戸川学園取手中学校(特待A) 合格!
 
 僕は、毎回の定例試験での高得点を目指して、必修シリーズの読み直しや理科の知識のまとめ、社会の知識の完成などの一問一答の教材を範囲ごとにしっかりやりました。また、試験後は出来なかった問題の解きなおしをしっかりすることで、同じ問題を二度間違えないよう心掛けました。その積み重ねが合格に繋がったのだと思います。また、9月からから始まる合格突破ゼミでは、色々な校舎の人が集まっており、成績優秀者に載っている人たちと勉強できるので、その人たちから刺激を受け、負けないように頑張ろうと改めて思うことができました。
本郷中学校
江戸川学園取手中学校(東大Jr)
常総学院中学校(AD特) 合格!
 
 定例試験のたびに成績に上がり下がりの波があり、入試に向けて不安が募っていました。そんな時に、くり返し頑張ったのは、ベーシックトレーニングと算数「サマートライアル」、理科「知識のまとめ」、社会「サブノート」、担当の先生が作ってくれる小テスト、などに取り組むことでした。これらをやり切ることで自信がつき、試験で発揮されてくると、自分のベストが常に出せる感覚がつかめてきました。茨進の授業に欠かさず出席し、科目ごとに頼りになる教材を決めてやり抜くことが、第一志望校合格に導いてくれた勉強の方法でした。
茨城大学教育学部附属中学校
江戸川学園取手中学校(難関大)
水戸英宏中学校(医歯薬B特待) 合格!
 
 僕は3年生から茨進に通っています。5年生に上がるとき、ゼミナールにそのまま通うか、中学受験ゼミに入るかとても悩みました。しかし母の「自分の好きな方に進みなさい」という言葉に背中をおされ、中学受験ゼミに入ることにしました。特に心に残ったのは、夏期感動合宿です。はじめの頃は本当に20時間達成できるのか心配でしたが、勉強していくうちに自信がつきました。特に夜の時間帯つらかったのですが、仲間の支えもあって乗り切ることができました。合格できて本当によかったです。
茨城大学教育学部附属中学校
茨城中学校 合格!
 
 夏期感動合宿では、今まで気づかなかった周りとの学力のレベル差に驚きました。それからは、苦手だった社会を克服するために、朝5時半に起きて、テキストの問題をひたすら解きました。朝早く起きるために、夜は9時半に寝るようにしました。そうすると、自然と生活リズムができていき、病気にもかからなくなりました。受験生のみなさん、今はつらいと思いますが、今やっていることは必ず自信につながります。成功を目指して頑張ってください。
茨城大学教育学部附属中学校
茨城中学校 合格!
 
 私は、夏期感動合宿に行く前、「20時間も勉強するのはつらいだろうな」と思っていました。でも、実際に行ってみると、授業が楽しく、いつの間にか20時間が経っていました。私は算数が苦手で、合宿の授業でもあまり問題が解けませんでした。でも、最終日に行われた基礎学力コンテストの計算のテストで、書いた答えが全て正解し、とてもうれしかったです。その後、志望校の過去問に取り組むときも、夏期感動合宿の時のことを思い出して、「あきらめなければ、絶対にできる!」と思いながら、がんばりました。
江戸川学園取手中学校(医科Jr)
茗溪学園中学校
常総学院中学校(AD特) 合格!
 
 兄が中学受験で「合格」をつかみ、家族みんなで喜んだ時に、自分も受験したい、と決意をしました。ふり返れば、4年生の時から3年間、茨進に通いました。僕は人と話すのが苦手でしたが、6年夏の感動合宿で同じ部屋になったメンバーと仲良くなれて、勉強量が多くてつらいはずの最後の半年も、仲間と楽しく競い合い、がんばり抜くことができました。茨進での中学受験の勉強は決して楽ではありませんが、地道に努力できるかをためす試練を与え、乗り越えると「合格」できる力がついているようにしてくれていた、そんな気がしました。
江戸川学園取手中学校
茗溪学園中学校
土浦日本大学中等教育学校 合格!
 
 僕は中学入試合格突破ゼミで学んだことが2つあります。1つ目は、自分の学力のことです。ゼミのテストをするときに、自分の弱点や自分の学力と志望校との差などがよくわかりました。それで、自分が何をやらなければならないか、課題を見つけることが出来たと思います。2つ目は、勉強しているのが自分だけではないということです。自分と同じ志望校を目指す人が思っている以上にたくさんいると知って、心強く感じると同時に負けられない、とやる気がでました。自分の意識を受験モードにしてくれたので、このゼミはとても役に立ちました。
江戸川学園取手中学校
茗溪学園中学校
常総学院中学校(AD特待)合格!
 
 私は夏期感動合宿でとてもいい経験をしました。正直、最初に案内をもらったときは「勉強だらけでつらそう・・・」と、まだ行ってもいないのに思っていました。でも、行ったあとは「楽しかった。もう1回行きたい!」という気持ちでいっぱいです。授業が楽しかったのはもちろんですが、各先生たちが1人ずつコメントをしてから授業が始まるので、そのコメントを聞くのがよかったです。生活を共にした友達とのきずなも深まり、私にとってはとても楽しい合宿でした。みなさんにも私が経験したことを味わってほしいので、ぜひ参加して下さい。
江戸川学園取手中学校
茗溪学園中学校
土浦日本大学中等教育学校(Ⅰ種特待) 合格!
 
 茨進では理科や漢字などは週に1回ミニテストがあります。そこにうかるために勉強を一生懸命にしていましたが間違ってしまうこともありました。しかし、どんな時でも次のテストでいい点を取ろうとやみくもに勉強するのではなく、前回のテストの解き直しをしっかりと行うことで、定例試験や本番の入試にもしっかりと生かすことができたと思います。失敗すると目を背けたくなりますが、見直しをして本番に備えることが大切だと茨進の授業・宿題を通して学ぶことができました。4年生から茨進で学んできて本当によかったです。
普連土学園女子中学校
江戸川学園取手中学校
茗溪学園中学校
常総学院中学校
土浦日本大学中等教育学校 合格!
 
 私は、夏期感動合宿のことがとてもいい思い出になったと思います。それは、茨進での受験生活の中でも、特に頑張ることができたからです。夏期感動合宿では、2泊3日で20時間勉強するときいて、初めは20時間勉強するなんて無理だ、10時間ぐらいで疲れてしまうと思ったのですが、実際に勉強してみると、とても早く感じ、集中して取り組むことができました。また、仲間と共に過ごし、一緒に努力することで、レベルアップすることができたと思います。これからの勉強でも、この夏期感動合宿で身につけたことを生かしていくつもりです。
茨城中学校(特別奨学生)
江戸川学園取手中学校(医科) 合格!
 
 ぼくは集中力がもたず、自分に甘いところがあり、成績がどんどん下がってしまった時期がありました。しかし、それでは受験で勝てないと思い、自分なりにいろいろ工夫をしました。例えば、定例試験で点数があまり取れなかった単元にしぼって集中的に対策をし、次の試験で同じミスをくり返さないようにしていきました。また、「○ページ解いたら、○分休憩」などと決め、その日の勉強のゴールを決めて取り組むようにしました。志望校に合格できたのは、自分の弱点と徹底的に向き合うことができたからだと思います。
茨城中学校(特別奨学生)
智学館中等教育学校(準特待) 合格!
 
 夏期感動合宿のことを聞いた時、「3日で20時間も勉強する?すごいな」とか「ぼくには無理」と他人事のように思っていました。しかし、6年生になり、実際に参加してみると、先生の授業はわかりやすく、普段担当している生徒ではないぼくにも温かい励ましの言葉をかけてくれたので、20時間の勉強を達成することができました。そこで、ぼくは気がつきました。「挑戦してみないとわからない」と。そして、「茨進には自分を励ましてくれる人がたくさんいる」と。これから受験勉強を始める皆さん、茨進の先生たちを信じて、ぜひ「挑戦」してみてください!
茨城中学校
水戸英宏中学校
智学館中等教育学校 合格!
 
 私は小学2年生の時に茨進に入りました。始めたばかりのころは、速読や個別に通っていて、苦手な文章問題を解いていました。通っているうちに基礎力がついてきて、国語の点数も上がっていきましたが、中学受験ゼミに通ってからは、成績が上がらず苦労しました。ようやく伸びてきたのは、6年生の秋の追い込みの時期です。学習時間を増やし、個別と併用しながらきたえたおかげで、定例試験の国語の成績があがっていきました。自分をおいこみ、あきらめずに取りくんだことで、国語の成績があがり、志望校に合格することができました!
茨城中学校
智学館中等教育学校(正特待) 合格!
 
 中学受験ゼミに通い始めたころは、とても緊張していて、手を挙げることもできませんでしたが、先生の分かりやすい説明を受けているうちに、だんだん授業に積極的に参加できるようになりました。苦手だった国語も少しずつできるようになり、定例試験の成績も上がっていき、自信がつきました。また得意ではなかった理科も、かなり偏差値が上がり、成績や教室に掲示してあるランキングを見たときはうれしかったです。茨進の先生の分かりやすい授業のおかげです。ありがとうございました!
茨城中学校
茨城キリスト教学園中学校 合格!
 
 私は小4で入塾し、小5の夏から本格的に中学受験対策を始めました。なかなか思うように点数が上がらず、途中で勉強が嫌になったときもありました。でも、勉強の楽しさを先生が教えてくれました。そのおかげで小6の夏には勉強が楽しくなりました。最後まであきらめずに目標に向けて頑張ってよかったです。ありがとうございました。そして、塾への送迎とお弁当を作ってくれた両親と祖父母に感謝しています。
創価中学校
常総学院中学校 合格!
 
 僕は、初めての定例試験でとても緊張しました。最初は結果が出ませんでしたが、だんだんいい結果が出るようになってきました。また、毎週行われた漢字の小テストでは悪い点数を取ってしまい、先生から注意されましたが、それ以降は点数があがり、100点をとることができるようになりました。また、授業についても、先生が僕たちにあわせて教えてくれたのでとてもわかりやすかったです。時にはほめ、時には厳しく指導してくれたおかげで、自分の間違いを認めることができるようになりました。中学受験を通じて僕は成長できたと思います。
TOPへ戻る